2021年12月8日水曜日

今週の黙想文(ルカ1:30)

「マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。」
──ルカ福音書1章30節


† † †

天使が告げた受胎告知の言葉と裏腹に、マリアの心境はこの先の不安でいっぱいだったでしょう。
ましてやお腹の子どもは夫ヨセフの子ではありませんでした。
このことが明るみになれば、マリアは石打ちの刑で殺されていたかもしれません。
マリアがここで生きるか死ぬかの窮地に陥っているにもかかわらず、それでも天使は「恵みをいただいた」と告げるのです。
私たちの世界が、人が人を一方的に断罪し、自らの正義をもって一方的に傷つけ、ついには殺してしまうような世界であることを、罪に満ちた世界であることを、キリストはその生涯を通して私たちに教えられました。
だからこそ、『あなたはこんな世の中でいいと思うか?』という神様からの永遠の問いが、ここにあるのです。
キリストが教えられたように、私たちの手が他の誰かを傷つけ殺すためではなく、支え助けるために用いられるとき、マリアにとっての受胎もまた、社会的な危機としてではなく、神様からの「恵み」として受け取られていく、そういう世界に神様は導こうとしておられるのです。
だからこそ私たちに与えられる救いとは、この世にあってキリストという生きる指針を与えられることから始まるのです。
 
(20211205週報記載)


……今週の黙想とは……


日曜日だけではなく、平日においても聖書の言葉に触れる機会として用いていただければ幸いです。
引用されているみ言葉だけでなく、聖書を開き、その前後や他の箇所を開いてみましょう。
そして、そこに生きていた人々に思いを馳せ、そこにあなたも生きていて、語りかけられているという気持ちで読んでみましょう。
自分はみ言葉を聞いてどのように感じたかを大切にし、ゆったりと考えてみてください。

あなたの日々がみ言葉によって豊かにされますように。

2021年12月6日月曜日

牧師エッセイ(2021年12月)

実は、イエス・キリストの誕生日が正確に何月何日だったか、ということは今でもわかりません。
キリストの活動期間は3年程度でしたし、キリストの十字架の後はクリスチャンも長く迫害されたからです。
ですから、その中で最も重要であったのはキリストの誕生日の日付ではなく、キリストが私たちを救うためにこの世に生まれたということであったのです。

キリスト教が迫害を抜け、今のように世界三大宗教となる転換点となったのは、強大なローマ帝国がキリスト教を国教とした時からです。
当時のローマ帝国にはミトラ教という太陽神を奉る宗教があり、最も日が短くなる冬至に、これから太陽神が再び生まれる(だんだん昼が長くなっていく)ことを祝うお祭りをしていました。
クリスチャンたちもこのお祭りに参加していたそうです。
もちろんそこでも彼らは自分たちの信じる神様──イエス・キリストについて、救いの体験を語ったことでしょう。
「太陽は私たちに光を注ぎ、大地の恵みを与える。キリストもまたそれと同じように私たちの心に光を注ぎ、私たちを新しいいのちへと生かしてくださるお方なのだ」と、合わせてお祝いをしていた姿が見えてくるかもしれません。

こうして国教となったキリスト教に対し、ミトラ教は衰退し、太陽神の誕生日であった12月25日がイエス・キリストの誕生日となった、という説があります。
これでは12月25日のクリスマスは後付けではないかと思われるかもしれません。
しかしここで大事なのは、正確な日付ではなく、私たちがイエス・キリストの誕生を喜んでお祝いするという日があることが大切なのです。

そもそもキリスト教で日曜日が「主日」と呼ばれているのは、元々はキリストの復活、二度目の誕生日を祝うための日だからです。
主日のたびにみ言葉を通して私たちをも新しいいのちに生かしてくださる、そういう神様(=主)イエス・キリストが、この世にお生まれになったというお祝いの日、主日の一つとして、12月25日のクリスマスが定められていったのです。



2021年12月5日日曜日

待降節第2主日礼拝。【礼拝動画】

本日12月5日は、待降節第2主日の礼拝でした。
松本教会では主日礼拝として、長野教会は信徒礼拝として行われました。



松本教会でもクリスマスツリーなどの飾りつけをしました。
ご協力ありがとうございました。





いよいよクリスマスが近づいてきました。
長野教会・松本教会のクリスマスチラシを作成しました。
今年度の松本教会のクリスマス主日礼拝(19日)は例年と時間が違います。
15時から開始となります。ご注意ください。
後日改めて告知いたします。

**本日の礼拝動画**


(▶️をクリックすると再生されます)
※松本教会の礼拝動画となります。

**本日の使徒書・福音書**
マラキ書3章1-4節〈旧p1499〉
フィリピの信徒への手紙1章3-11節〈新p361〉
ルカによる福音書3章1-6節〈新p105〉

説教「曲がりくねった直線」

*祈り*

愛と導きの主なる神様。
私たちが生きる世の中、私たち一人ひとりの歩みには、迷いと不安が尽きることがありません。
特に私たちが誰かと関わりを持つ時には尚更のことです。
私たちのうちには拭い去ることのできない罪があります。
それがわたしたちをあなたの愛から遠ざけ、罪を犯させ、時には誰かを傷つけることさえあります。
混迷する世の中で、人が人を思いやることのできない事件が数多く起きています。
余裕をなくし、自分のことばかりに目が向いてしまう人が多くいます。
またそれは、私たち一人ひとりにおいても起きてくることかもしれません。
主よ、どうかどのような時にも悔い改めをもって私たち一人ひとりが、自分を振り返ることが出来ますように。
もし私たちが誰かとの関係に不和を抱えているとしたら、その関係を修復し、誤解を解き、愛に満ちた関係に生きることが出来るように、私たちの道を示してください。
そして何よりも、主イエス・キリストが私たちと共に今なお生きておられ、聖書のみ言葉を通して私たちに寄り添い、支え導いておられることを信じます。
いつでもあなたの御言葉にこそ私たちが耳を傾けることができますように。
今日、様々な事情から教会に来ることのできない方々のことをおぼえます。
終わりの見えないコロナ禍によって施設から外出することが出来ない人の上にもあなたの豊かな祝福と日々の喜びとが与えられますように。
病の中で治療をされている方には、あなたによる癒しが与えられますように。
また心に重荷を抱えている人、今日ここに集うことのできなくとも、様々な手段を通じて祈りを合わせているすべての人々の信仰を強めてください。
明日からの日々においてもあなたが共におられることを心に留めて過ごすことが出来ますように。
私たちの全ての歩みをあなたの御心に委ねます。


2021年12月2日木曜日

次回12月5日・待降節第2主日礼拝の御案内。

次週2021年12月5日(日)は待降節第2主日の礼拝です。

野口和音牧師の説教
「曲がりくねった直線」

と題して、
松本教会では主日礼拝として、長野教会では信徒礼拝として、
10時半から礼拝が行われます。
牧師は松本教会におります。
どうぞご自由にお越しください。


† † †

皇帝ティベリウスの治世の第十五年、ポンティオ・ピラトがユダヤの総督、ヘロデがガリラヤの領主、その兄弟フィリポがイトラヤとトラコン地方の領主、リサニアがアビレネの領主、 アンナスとカイアファとが大祭司であったとき、神の言葉が荒れ野でザカリアの子ヨハネに降った。 そこで、ヨハネはヨルダン川沿いの地方一帯に行って、罪の赦しを得させるために悔い改めの洗礼を宣べ伝えた。 これは、預言者イザヤの書に書いてあるとおりである。「荒れ野で叫ぶ者の声がする。『主の道を整え、/その道筋をまっすぐにせよ。 谷はすべて埋められ、/山と丘はみな低くされる。曲がった道はまっすぐに、/でこぼこの道は平らになり、 人は皆、神の救いを仰ぎ見る。』」

──ルカによる福音書3章1-6節

2021年12月1日水曜日

今週の黙想文(マタイ21:5)

『見よ、お前の王がお前のところにおいでになる。』
──マタイによる福音書21章5節


† † †

ロバに乗ってエルサレムに入られたイエス・キリストは、群衆たちの「ホサナ」という歓呼の声に包まれました。
いよいよ今週から教会暦が新しくなり、待降節に入りました。
キリストを待ち望む季節としての歩みが始まります。
私たちはキリストがこの世に来られたクリスマスに対しては「おめでとうございます」と祝いと喜びをもって迎えることが出来ますが、この世の終わりに再びやってくる再臨のキリストに対してはどうでしょうか。
群衆たちはキリストをホサナと喜んで迎えましたが、その果てには「十字架につけろ」と叫ぶことになりました。
私たちが終末を迎える時、神様の御前に喜んで立つことが出来るのか、それとも自らの罪を悔い改めなかったことを後悔するかは、御言葉を聞く今日のわたしたちにかかっています。
キリストの十字架の赦しは、私たちへの先行する救いです。
もし私たちが、赦されているのだから悔いる必要がないと思ってしまうなら、自らの願った救いを得られなかったがために十字架につけた群衆たちと同じ罪を背負うことになるのです。
キリストが来られるとき、ホサナ──「主よ、救ってください」と喜びの声を上げられるように信仰生活を歩みたいものです。

(20211128週報記載)


……今週の黙想とは……


日曜日だけではなく、平日においても聖書の言葉に触れる機会として用いていただければ幸いです。
引用されているみ言葉だけでなく、聖書を開き、その前後や他の箇所を開いてみましょう。
そして、そこに生きていた人々に思いを馳せ、そこにあなたも生きていて、語りかけられているという気持ちで読んでみましょう。
自分はみ言葉を聞いてどのように感じたかを大切にし、ゆったりと考えてみてください。

あなたの日々がみ言葉によって豊かにされますように。