2018年3月19日月曜日

枝の主日礼拝のご案内。20180325

次週の主日礼拝(3/25)は

長野教会は

野口勝彦牧師による
「ベタニアへ
の説教にて聖餐礼拝が

松本教会は

宇野正徳牧師による
「エルサレム入城
の説教にて礼拝が守られます。

どなたでもご自由にご出席ください。

尚、野口勝彦・宇野正徳牧師共、それぞれの教会における最終説教奉仕となります。

「二人が子ろばを連れてイエスのところに戻って来て、その上に自分の服をかけると、イエスはそれにお乗りになった。多くの人が自分の服を道に敷き、また、ほかの人々は野原から葉の付いた枝を切って来て道に敷いた。そして、前を行く者も後に従う者も叫んだ。『ホサナ。主の名によって来られる方に、/祝福があるように。我らの父ダビデの来るべき国に、/祝福があるように。いと高きところにホサナ。』こうして、イエスはエルサレムに着いて、神殿の境内に入り、辺りの様子を見て回った後、もはや夕方になったので、十二人を連れてベタニアへ出て行かれた。」
マルコによる福音書第11章7節~11節


0 件のコメント:

コメントを投稿